風の中の*もえも
年中の頃、自閉症の娘moemoがすべり台の上でふとこう言った。“ママ~風の匂いがするよ~”独特の世界を持つ小2moemoの日常と母の想いを書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A小学校見学
来年、moemoが通う予定のA小学校の1年生のクラスを
見学に行った。

算数の授業。担任はお母さんたちから、
“くねくねしてるよ~”と聞いていたおじさん先生。
やっぱり1年生の授業なので、一桁の足し算引き算を
ものすご~く丁寧に、やっていた。

心の中に主治医の先生の言葉がよみがえる。
“低学年のうちは授業にもついていけるでしょう。
でも、高学年になったら、つらいでしょうね。”

そう。このペースなら、moemoも何とか大丈夫?
なんて淡い期待を抱いてしまったのだが。
(後に校長先生によってこの期待はもろく打ち砕かれる。)
でも、机上の計算はmoemo、多少出来ても、
このなんともいえない長~い時間、果たして座っていられるか??
否!。
今、目の前で授業を受けている子供たちにmoemoの姿を重ねながら
見学を終えました。
先生と付き添ってくれた母友(1年生のお母さん)に感謝。

その後、校長室にて教頭先生と、校長先生が、
対応してくださった。

moemoのことはもう周知の事で、
開口一番。“いやあ、もう、県の方には再三自律学級の
申請をしているんです。しかし、一応同じ障害(身障か情障か)
で3名以上いないと難しいらしく。。。
昨年は県全体で22の(自律学級設置の)申請のうち、
認められたのは11のみでした。”

とのこと。
何としても自律学級作ってください!!!と意気込む
つもりだったので、学校自ら望んで、ずっと申請してきてくれていた
ということにちょっと安心。
やっぱり、むずかしいんだろうなあ。

“校長先生はmoemoが普通学級で皆と
一緒に机を並べて普通に授業受けることが出来ると思いますか?”
“無理でしょうね。”
スカッとするくらい気持ちのいい断言でした。

“でもね。逆に学校がニーズを感じていても、
親が子供の障害を認めていないと、「3人」にはならないので
申請も難しいんだよね。そんなご家庭もあります。”
うん。確かに。でも、たとえ一人だろうが何人だろうが、
やっぱり、必要なものは必要なもの。
自律学級が普通に無いということもこの地域にとってみれば
障害のある子を認めない雰囲気を作り出しているんじゃ
ないの?

この状況を知れば知るほど、萎えてなんかいられないんだって
思ってきた。
とりあえず、市の教育長さん宛てに要望書を書くことを
校長先生にお話した。
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

B小学校見学
B小学校の自律学級の授業の様子を見に行った。
なんでも、現在の加配のH先生が、その学級の担任と
同級生だそうで、とりもっていただいたのだ。感謝感謝。

B小学校はmoemoの通うA小学校よりも大きく、
自律学級は身体障害のクラスと知的障害の2クラスもあった。

知的障害のクラスを見学させていただいたが、
子供たちの殆どは、一見ふつうの子供たちである。
でもよくよく見ると、しゃべりだすと止まらなかったり、
席を立っていたり、芸術的な絵の作品なんかがあったり、
やっぱり、ちょっと違う?子が居る。
でも、朝の会。先生の指示をよく聞いて、
きちんと前に出て大きな声で発言している!すご~い!
絶対ずえ~ったい、moemoのこんな姿、想像できない!

見学の後は職員室にて、担任の先生と
教頭先生までお話をいろいろとして下さった。

・来年は知的障害のクラスが8名定員いっぱいになる予定とのこと。
・授業はひとりひとり違う内容を、同じ場所でやっている。
・ソーシャルスキル的な事も行っている!
(これはいいな~!と思った。)
・とにかく人数が多いので、教師一人に8人は大変だと。

いろいろ勉強になった。
やっぱり、A小学校(moemoの通う予定の小学校)に
自律学級作って欲し~い!!!

明日はA小学校の1年生の授業を見学する。

テーマ:軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル:学校・教育

ガチャピン、ムック大嫌い!!
おとといのこと。とあるふれあい牧場に行った。
(前回の牧場とはまた違う場所。)

だ~い好きなウサギたちにたくさん草を摘んで
食べさせ、ふわふわ~に触れ、大満足の日。

お腹も空いてきたところで、そこのお食事処に。
普通に食事を楽しんでいたのだが、

ふっとmoemoが“左を向いて食べる~。”
とおもむろに身体を机に対して90度左方向に
向けてご飯を食べだした。
普段はお行儀が悪いな~ってしかってしまうところだが、
moemoの左方向、大きな窓があって畑が広がり、
鳥も優雅に飛んでいる。
なるほど、大好きな鳥さんたちを眺めながら食事か~。
と、放っておいたのだが・・・

ふっとmoemoの視線が右斜め方向にある壁に向けられた。
しかも超っ早の視線流しっ。
何だろう。また5分ほど経つと、
同じ場所にチラ見。

よっくよく見ると、
手を洗う水道のすぐ上の壁にガチャピンとムックが
笑顔で手を洗っている絵が!
おっともう一つ、メニューのところにもムックがいる!

これかっっ!!

そういえば、2歳の頃にも拒否反応を示していたことが
あったっけ。
最近ガチャピンとムックってあんまり見ないから、
忘れてたよ~。

moemoが壁に視線を送ったのはこの2,3回のみ。
後はもう、何とか食事を終え、
母におんぶをせがみ、ずっと背中に
顔を押し付けて食事処を退散。

ガチャピンとムックの
ど・こ・が・嫌・い・な・のぉ~!?

あのギョロッとした目ぇ?
出っ歯ぁ?
がくがく下がる口元ぉ?

すごくすごく知りた~い!

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

発達心理検査
市との教育相談(就学相談)の日程が決まりました。
その前にという想いもあって、
今日は医療センターに8月の頭に行った、
WISC-Ⅲという発達心理検査の結果を聞きに行きました。

言語性IQ60、動作性IQ69、(大体の平均は100とするみたいです)
とまあこんな結果。要するに言語による課題は苦手で、
視覚的による課題は言語だけよりも、出来る。ということ。
みたいです。

でも、よく結果が出たもんだと。思いました。
だって、検査中のmoemo、イスからずずずっと何度も下へ沈んでいくし、
ふざけて机の上に足を投げ出す始末。

かったるかったんだよね。

母友に話したら、この燦々たる結果に涙していた。
この母友は小さいころからmoemoを見ている。
“最近moemoすごいじゃん”などなどいろいろmoemoの
いいところを見ていてくれるのである。
(ホントありがとうね)

私は、、というと、何だか落ち込んだような、
あまりにも周知の結果というか、何にも感じることが出来ないような。
どうやら感覚がマヒしているかのようである。

でも母友の涙で我に返りました。
この結果を携えて、教育委員会に訴えなくては。

実はmoemo、心理の先生にも担当の内科先生にも
普通の学校で、と言われています。
でも、moemoの行く小学校には特別支援学級が無い!!のです。
せめて副担任をつけていただけますよう、
お願いしたいのです。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

パニックその1(トイレ編)
riccoはいわゆるワーキングマザー。
自営なので子供たちが家に居る時間帯に一番仕事をしている。

一番忙しい夏が終わり、今日は暇になったので
moemoの大好きな動物さんと触れ合える場所に家族で行くことになった。
簡単に家事をすませ、さて出発という時、
一足先に靴を履いて外で待機しているはずのmoemoが飛び込んできた。
”まっくろになっちゃったぁぁ!!!”

見ると両手が肘の上まで まっ黒 である。
昨日、moemoが選んで買った新品のスカートも である。

”きゃあ何したの?車に触ったの?
 バイクにさわったの?”(←何したの?だけでは答えが出てこない)
”車に触ったのお”

どうやらタイヤのトコロをを触っていたらしい。
もう、大泣きです。(っていうより、大絶叫)
”大丈夫だよ。石鹸できれいにすれば大丈夫だよ”
”スカートも着替えようか?”
”(moemoの好きな)チェックのスカートはこうか?”
”大丈夫だよ。○×□※・・・・”

”いっやぁーーーー!!!!”

とりあえず、水道の前に立たせて手を洗い、
やさしい言葉の数々を掛けてみるが、もう、手遅れ。
riccoもはじめに大声を上げてしまったので、なおさらである。

”いやあ!着替えないっ!!着替えないっ!!
 お風呂に入るっ!お風呂に入るっ!
 チーズ食べるっ!チーズ食べるっ!!!!!”

????ですよね。
これがmoemo、パニック時のお決まりゼリフなんです。

これで30分大絶叫。
とりあえず着替えをあきらめ、車に押し込んだ。
まだ、”チーズ食べるぅ、チーズ探すぅ。。”と泣いてる。

こういう時は「場所を変える」のがいいので、
出発しました。

動物を見た瞬間、さっきまでのアレは何? かのごとく、
大好きなウサギに葉っぱをあげ、”ふわふわ~♪”
と触り、ポニーや羊に触れてゴキゲンなmoemo。
本当に幸せそう♪

ああ良かったぁ。連れてきて。と胸をなでおろしたお昼時、
また第2の大波がやってきた。

昼食に入ったレストランで、ハンバーガープレートを頼み、
ウサギさん触ったから、手を洗って来ようね。
とトイレに行きました。

手だけ洗うつもりが、ポツリと”おしっこ”というので、
入らせたところ、出ない。さっき、おしっこしたばかりなので
当然なのだが、
トイレを出ようとすると、”いやぁ!おしっこ出るっ!出るっ!”
”お水のむぅ~!!!”とお尻丸出しで水道と便器を
往復しながら大絶叫が始まってしまった。。。。
そこから”moemo~おしっこ出ないね。行こうか?
”イヤぁっ!出るっ!出る!”
の繰り返しで20分。。もう、食事来てるんだろうなぁ。。

実はこのトイレ立てこもりパニック
半年から1年前に頻繁に起こっていて、最近はパタッと無くなって
いたのだが。。。
場所が場所だけに、尻丸出しのmoemoと格闘する破目になり、
たまに入ってくる人には、白い目で見られ、
「場所を変える」為には、床に転がるmoemoに無理無理パンツを
はかせて外に出ざるを得ず、
冗談抜きに幼児虐待。の図と化す。(TDLでもやっている)

さすがにパパが助けに来た。
年少の弟がきっとポツンとテーブルに取り残されている。
年長で体格の良いmoemoを抱っこして、外に連れ出してくれた。
とりあえず、テーブルの弟のところへ行き、
パパとmoemoを気にしながらも自分の食事を食べ始めた。

他のお客さんがこっちと、絶叫しているmoemoを見ている。
まだ泣きじゃくるmoemoを抱っこして
パパが戻ってきた。
moemoはまだ気持ちが治まらず、時々大泣きしている。
皆の視線が、痛い。。

気を紛らわすために”ほら~moemo~植木鉢、かわいいねぇ”
など、関係ないことを羅列し、ようやくハンバーガーを
食べ始めてくれた。

本日、
パニックの1日なり。
精神的にかなりまいった。

でも、後で振り返ってみると
暑い中、運動会の練習でmoemo かなり頑張ってきていた。
竹馬も結局、クラスで一人だけ出来なかった。
母もずっと忙しくって、ろくにコミュニケーションしてなかった。

言葉では現れなくても、本当はかなりストレスが溜まっていたんだね。
それが、今日、噴出しちゃったんだね。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

保育園最後の運動会
今日は運動会

moemoの3回目、園最後の運動会。
朝から湿度高くむしっとした暑さの日。
こんな中、はらはらながらも moemoすごく頑張りました。
年長のmoemo、最初の出番はなんと体操を他の3人と前でするという
ダンスが大好き。体操大好きのmoemoを”適材適所”に配置してくれた
先生の配慮に感謝。
ああっ・・・でもmoemo それ体の向き、逆だよぉ。係りの方
向いてどぅすんだよ~。(直されたっ)
おーっそこは足踏み、自分の位置ですんだよ~(前に進んで
前列に突っ込んでる)(”moemoちゃん自分の位置でっ”って言われてる)
担任のI先生がmoemoに必死に小声で指示をして何とか持ち直しながら
無事に係りの任を終えたのでした。

お次はかけっこ。
おいおい今年はトラック1週半かぁ~
途中でどこ走っていいか解らなくなるのではという”よ・か・ん”。
moemo、年少の時には自分の行く手に担任が
両手を広げて待っていてくれた。あっという間。
年中の時には、トラック一周。コーナーを曲がりきって
最後の直線で足が止まり、他のクラスの先生に背中を押されてた。
(ふいに背中を押されてわけが解らなくなっていた)
今年は。。
よ~いバンっ!!
おおっとmoemo選手、最後からカメさん走りで他の選手を追いかけます。
(というのは、本人走っているが、
 普通に歩くスピードなのである。。)
そして第1コーナーを曲がったぁ。。っとここでmoemo選手、
大きくコースを外れ、観客席の目の前に立ち、
ニコニコと愛想を振りまいておりますぅ~。

・・・やっぱり今年も先生に背中を押されコースに戻った。
あまりの遅さに観客の目はもう、次を向いてる気がする。。
いいぞ。moemo。去年まではこんな状況の時、
顔から火を吹いていた母がたくましくなってあなたを見ているぞ。
そう。だって、母にもこんな時。
”moemoちゃん可愛かったね~””頑張ってるね~”って
明るくつっこんでくれる母友がたくさんいるから。

そして、玉入れ。。
moemo1年目は玉を持ってニコニコしていた。
2年目は玉を持ってニコニコしていたので、加配のH先生が
腕を添えて一緒に投げた。
おおっ投げているぅ投げているぅ。。玉はあらぬ方向に行くが、
投げているぅ。

たてわり(年長から年少まで一緒にチームを組む。つまり、年長さんが
リードをしなくてはならない)の競技。
毎年、これはダンボールで作ったバスを長いロープで引っ張って
コーナーを廻ってくるという競技。実際のコーナーより、
大きく廻ってこないとロープの長さでバスがコーナーに引っかかって
しまう。どのチームも年長さんがちゃんと考えて大きく廻り、
スムーズにバトンタッチできている。えらいもんだ。
一組、コーナーでもがいている。ロープを思いっきり引っ張っている。
ロープ切れるよ~。moemoちゃんでーす!

さあ、本日の競技の山場。竹馬となわとびの競技です。
竹馬はかれこれ半年かけて練習してきたが、
結局できず。これも加配のH先生に手を添えてもらっての競技。
自分では乗れなかったが最後まで頑張ったこと、
練習ではお友達に励まされたこと、母は大満足です。
また、いつか乗れるようになるといいな。

そして年長組のリレー。
担任のI先生が”かけっこの時とは走りが違いますよ~。
本人もバトンを渡さなくっちゃという意識があるみたい”
とおっしゃってた。楽しみ。
ホントだ~走ってる!頑張れ~!
あ!moemo選手ここで転倒です!頑張りすぎたかぁ!
キズを気にしながらも先生にゴールを指差され、何とか
バトンを渡しました。(いつもなら、絆創膏貼るぅ!で大泣き)
惜しかったぁ。

総括。
運動会、1年目は担任の先生にほとんどおんぶしながらの参加。
2年目は加配の先生にプログラムを書いてもらって
一つづつ消しながら見通しをつけての参加。でも最後はおんぶ。
今年は自分の力で、最後まで参加。
moemoすごいよ!

おうちに帰って。
"moemo~今日は頑張ったねぇ。ホント最後まで全部参加
出来てえらかったよ~。かけっこも頑張ってたね。”
と頭をかいぐりかいぐり。
と、母の言葉にmoemo、下を向きながらポツリと一言

”転んじゃったねぇ”

(きゃぁきゃぁきゃぁ~!)moemoは気にしてたんだぁ。
な~んにも気にしていない風に見えても、心の中では
その事落ち込んでいたんだ。
moemoのその”感情の育ち”に母は胸が熱くなりながら、
”いいんだよ!moemo転んじゃって残念だったけど、
その後頑張って起き上がって、走ってバトン渡したもんね!
えらかったよ!!!!”




テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

はじめに。。
はじめまして。riccoです。

私の娘moemoは只今年長さん。年少の時に保育園の先生に勧められて
行った、県の医療福祉センターで広汎性発達障害(自閉症)と
診断されました。かれこれ2年経ちます。
ここ最近周りの友人、知人にさらりとmoemoの事を自閉症だよって
カミングアウト出来るようになり、
自分自身娘の障害のこと、100%ではなくとも
受け入れられたんだなって感じてます。

moemoの成長記録になれば、そしてあわよくばWeb上で同じ境遇の
親御さんや療育関係の方々と意見交換できればなんて
淡い期待を抱いてブログを立ち上げてみました。

日々のmoemoのおもしろ生態を綴りながら、
また過去の事などは記憶と記録を掘り起こしながら、
記事を書いてゆきたいと思います。



プロフィール

 ricco

Author: ricco
動物大好き、高いところ大好き、自然大好きのmoemoは3歳の時に広汎性発達障害(自閉症)と診断されました。自営のワーキングマザー私ことriccoもそこから障害のこと、地域のこと、教育のこと、人生観のこと、さまざまに学んでいます。moemoの成長記録になればと書き綴ってみました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。