風の中の*もえも
年中の頃、自閉症の娘moemoがすべり台の上でふとこう言った。“ママ~風の匂いがするよ~”独特の世界を持つ小2moemoの日常と母の想いを書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠ること
moemoは3歳頃からつい最近まで、
保育園でのお昼寝が無くなり、夜コテンと寝てくれるようになるまで

本当に寝付けない子だった。

とはいえ、赤ちゃんの頃は逆におとなしく良く寝る子だったので
生後1ヶ月から夜まとめて寝てくれていた。
体重は母乳とミルクの混合だったので順調に伸びていたのだが、
“お母さん。3ヶ月ぐらいまでは夜起きておっぱいあげてくださいね。”
とクギをさされていたくらい、夜起きなくてはならないつらさを
あまり体験しなかったのである。
あまり泣かないのと、家業が忙しい時なんかは
放ったらかしにしていると、よく床に行き倒れていた。。
とにかくよく寝ていた子が、

3歳で保育園に入り、まずお昼寝は週5日のうち1~2回するかしないか。
夜11時過ぎに布団にいれても暗闇で独り言言ってケタケタ笑っている。
こちらが熟睡モードに入る頃(入眠後1時間ぐらいだろうか)、
隣でピョンピョンジャンプし始める。

園の先生からも、
“お昼寝出来るためには、朝早く起こしてあげて下さい。”
と言われ、それが早寝のためにもいいのだと解っていても、

寝ないのです。

どんなに早く布団に入れても3時間4時間一人で
暗闇の中いろいろ考えているみたいだったし、
こちらも熟睡モードのときに起こされ寝れなかったりで
朝、早く起こせる余裕がありませんでした。

保育園のお昼寝って1時から3時まで2時間たっぷり寝て
その後おやつ食べて帰ってくるだけだから
疲れないんですよね。

うちの子はそうでも、お昼寝大好きな子も居るわけで、
お昼寝希望制度になればいいのに~って心の底から思いました。

それにしても、夜中にいきなりお腹の上にジャンプされて
起こされたり、
休日にはどんなに車に乗せても寝てくれなかったりで
私もmoemoの寝付けなさには本当にイライラしていました。

寝てくれない事で、普通は子供が寝てくれる時間に
出来る仕事が、全く出来なかった事へのイライラもつのって、

何度、寝ないmoemoをどやしつけてしまったか。。
叱っても寝れるわけでは無かったのにね。
ほんとうゴメンネmoemo。

でもセンターの医師に相談したときは
“薬を処方するという手もありますよ”と言われ
この障害に関して、薬は無縁と思っていたので戸惑った。

今は入学準備でお昼寝が(めでたく?)無くなり、
moemoも早く寝れるので、
riccoもこうして余裕もうまれる訳で。。




スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

同じ境遇
ここ半年、地域の人やウチの家族にかかわる人に
moemoの障害の事を普通に告白できるようになってきた。
これは話す事によって、自分やmoemoにとって
プラスに付き合うことが出来る友達がとても多いのだ
という自信が持てるようになったからだと思う。

それはさておき。。。

話していると“実はウチの甥っ子がね。。”
      “実はダンナのお兄さんの子供がね。。。”

などなど、、話せば話すほど
同じ境遇の方々の話が出てくる出てくる。

この前など、久しぶりに会った近所の方に
“moemoちゃん元気ぃ?いくつになった?”
って聞かれて、“もう4月から小学校ですよ。”
から始まって少し話したところ、

ほんの10分の立ち話のはずが
そのおばさまの甥っ子さんが小5年の高機能自閉症ということで。。
永延40分話し込んでしまいました。

同じ境遇の方が結構多いんだなって実感します。

そのおば様、
“でも、そういう子達に何が出来るんだろうって
 悩んでしまう。自分は何もしてあげられなくって。。”
とおっしゃるので、

“いや、解っていただいているだけですごくありがたいです。
 外でパニクっていても子供たちが変に見える行動をしていても
 解っていて、暖かい目で見守っていただける人がいるだけで
 とっても心強いです!!!。”

と力説してしまった。
ほんと、外出先でパニクっていても堂々としていられるように
moemoももちろん、同じ障害をもつ人の事も、
一人でも多く理解している人が世の中に増えると
いいな~と思った。


テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

最後の生活発表会
忙しくってずっと書けなかったのですが
毎年クリスマスの時期、園で恒例となった
発表会のことを書きます。

ーとは言っても。
当日家を出る瞬間に年少の弟が車の中で吐いて
なんと私はお留守番。
狼の役を張り切っていたのに休むはめになった
弟もかわいそうだったけど。
結局私はmoemoの勇姿をパパの撮ったビデオで見ることに。

劇は“ピーターパン”
moemoの役はインディアンの娘。
女の子の中で大人気だったのはやっぱりティンカーベルだけど、
おしゃれ好きのmoemoは(3日に1回は園から帰るとシンデレラの
衣装を身にまとう。)
インディアンの頭につける黄色い羽とスカートが
とっても気に入ったらしい。

そして、いよいよmoemo登場。
音楽に合わせて笑いながら踊っている。
ステージに立つのは大好き。踊りも大好き。
緊張とは無縁の彼女なのだ。
そしてとっても大きな声で「ネバーランドは夢の国です!!」

タイミングも、大きさもばっちり!
すごーい。

一切の先生の介入も無くお友達の輪の中に入って
動いているのですごいと思いました。

「アララの呪文」の歌は
カスタネットを持って振りつけ付きで歌った。
お友達を横目でみながら動いているので左右反対の動きを
とっていたりしながらだけど
本当に笑顔で楽しそうにやっていた♪

先生たち本当に頑張って下さったんだろうなと
ジンときました。

後日、お母さん友達に
“moemoちゃん本当に頑張ってたよ~”
“すごかったよ~本当に成長したね~”
と言われまくった。

そのくらい、年少からの行事でのmoemoの成長は
すごいのであった。

くやし~!直接舞台を見たかったぁ!!
でもきっと涙しちゃっただろうな~ぁ。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児



プロフィール

 ricco

Author: ricco
動物大好き、高いところ大好き、自然大好きのmoemoは3歳の時に広汎性発達障害(自閉症)と診断されました。自営のワーキングマザー私ことriccoもそこから障害のこと、地域のこと、教育のこと、人生観のこと、さまざまに学んでいます。moemoの成長記録になればと書き綴ってみました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。