風の中の*もえも
年中の頃、自閉症の娘moemoがすべり台の上でふとこう言った。“ママ~風の匂いがするよ~”独特の世界を持つ小2moemoの日常と母の想いを書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキー教室
小学校のスキー教室がありました。

moemoは一人で滑れるようになったけど、
この学校で行くスキー教室が
初めて私たちのぴったりマーク付スキーから離れ、
お友達のグループの中に入って滑る事となり、
今までとは訳が違うのです。

私たち夫婦にとっては
moemo新たな第一歩という訳で
仮に成功すれば、ジュニアスキークラブへの参加にも
一歩近づけるな~と大期待なのでした。

偶然なのですが、moemoの小学校
私たち夫婦が講師としてお手伝いをしているスクールのスキー場で
毎年教室を行っているので、
パパも講師として参加、あえてmoemoのクラスは外していただき、
私もクサバの陰から見守ることに。。。

moemoの事を講師をまとめるチーフにチラ話したところ、
養護学校などで先生をしていた方を講師に付けてくださいました。
なんともまあ、至れりつくせりだな~と
虎の子を崖から落とすつもりだった親心が少し萎えていたところ、
そんなキモチも吹き飛んだ

しょっぱな、さっそくリフトから降りたmoemo、
一人でさっそうと下まで滑り降りていきました!!速い速い!
はじめ、あまりの速さに、他の子に気をとられていた私も、
moemoのクラスの講師も全く気が付かず、

ハッと顔を見合わせて
“いませんよね!?すみませんっ!連れてきます!”

と私が滑り降りて一緒にリフトに乗り
クラスに一緒に戻ってきました。

リフトで登る途中
“いいっ!?今日はみ・ん・なで列になって一緒に
 滑る日だからね!一人で滑っちゃいけないのよっ!”
と言い聞かせました。昨日からあれだけ言ってたのになぁ~
やっぱりダメかなあ~と思っていたら。。

その次から、moemo、列から外れる事は一度もありませんでした。
あっけ。
斜面の途中で止まることなんて今まで不可能だったし、
前の子のトレースなんて全く無理だと思っていたのに、
スピードも調節して、完璧っ!上手っ
スキー

見づらいですが、手前でメットをかぶって滑るのがmoemoです。

学校の先生方も拍手拍手でした。

“moemoちゃんみたいな子にはあまり、言うなりにならずに
わざと意地悪くしてみました。”といいつつ
虎の子を担当してくださった、講師の方にも感謝。

ちょっと、気になったこともその講師に言われました。
私が、“最近、みんなという言葉で動きます。”
と、手っ取り早くmoemoのことを伝えようとしたら、
“「みんな」が見えてきたんでしょうねー。でもあまり言い過ぎると
今度は「みんな」と一緒がすごくストレスになっちゃって
ある日突然拒否を始めることもあるんですよ~”

そうなのか・・・もっと、その講師といろいろお話したいと
思いました。
ここまで読んで下さって
ありがとうございます。↓よろしければクリックお願いします。




スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児



プロフィール

 ricco

Author: ricco
動物大好き、高いところ大好き、自然大好きのmoemoは3歳の時に広汎性発達障害(自閉症)と診断されました。自営のワーキングマザー私ことriccoもそこから障害のこと、地域のこと、教育のこと、人生観のこと、さまざまに学んでいます。moemoの成長記録になればと書き綴ってみました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。