風の中の*もえも
年中の頃、自閉症の娘moemoがすべり台の上でふとこう言った。“ママ~風の匂いがするよ~”独特の世界を持つ小2moemoの日常と母の想いを書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション
弟のkouが2年生になってから
少年野球を始めました。
私たちの子供時代に比べて、今の野球少年たちには
親がよく借り出されるのであります。

審判に始まって、お茶当番、送迎。
どっちにしても子供の応援に行くのだから、
行くのはやぶさかでないのですが・・。

こうなると、毎週末、姉のmoemoは
kouの野球のために、グランドに一緒に連れて行かれて、
暇な時間を持て余すのです。

まだ、2年生で出番のなかった息子が出る試合。親としては見逃せないため、
しょうがなくmoemo用にDSを持って行った。
傍らにいないと行方不明になってしまうのである。

試合に入っておとなしくDSをやっていたmoemoだったのですが、
そのうち、バッテリーが切れ、
おなかすいた~となり、お弁当を食べ始め、
(このお弁当も試合の声がうるさいからと、でも食べてるから
耳をふさげないので、ママ食べさせて~とおねだり。でもママは白熱する
試合に夢中のため、仕方なく目をつむりながら食べてました
食べ終わると遊具の方へ、向かって行きました。

ま、遊んでるからいいや~なんて、
ちら見しながら試合を見ていたのですが(弱小チームの珍しく勝ち試合
他のチームの保護者含む塊の中にmoemoの姿が見えました。

moemoは赤ちゃんを抱っこした、お母さんに張り付いています。
ここで、母(私の)の葛藤。このまま放っておくか、否か・・。

時にmoemoの他人と交わる時間だ・・とこらえました。

考えうるmoemoの赤ちゃんとお母さんに対する質問攻め・・・
その1・「何て名前?」
その2・「何歳?」
その3・「だれのお母さん?」
その4・「○○ちゃん(←赤ちゃんの名前)は卵を産む?」
その5・「○○ちゃんのお家はお菓子で出来ているね!」
 ・
 ・
 ・
さあ・・もうmoemoワールド炸裂です。
相手のお母さんの顔がそろそろけげんそうになってきました。

(きっと質問その4、5あたりが繰り広げられだしたな・・)
タイムアップだな・・・

私「moemo~こっちおいで~。お母さんに何聞いたの?」
m「“たいが”だって!!!」
私「お名前聞いたんだ。」
m「トラみたいだね~」
私「あ~タイガーだからね。(言っちゃたんだね
  試合終わるまで、遊具で遊んでてね。ママから見えるところにいてね。」


席に戻ってmoemoと同級生のママに話すと、
「moemoちゃんナイスっ!!!」
私「でもさあ~、そうやって分かってつっこんでくれるママならいいんだけどさあ・・」
「確かに。そのノリが分からないとっ。」

まあ、こうやってmoemoの面白さを
分かってくれる人がいるって事だな~

と、私もあの雲行きが怪しくなったお母さんの顔を見て
暗くなった気持ちを払しょくしました。

帰りがけ、
私「moemo~、□□くんママはトラみたいって言ったmoemoを
  ナイスっ!って褒めてたよ~。
  でもさあ、タイガって、虎から付けた名前ならいいけど、
  大きい河って書いてタイガって付けたかもしれないじゃん。
  虎じゃないって、怒るお母さんもいるかもしれないからね。」

meomoはだまって聞いていました。
私も別に言ったからってmoemoのこの面白さを閉じ込める気は無く、
□□くんママみたいに分かってくれる人がいるって、
moemoに知って欲しいと願っています。

私自身もこういう度量を持ちたいと、moemoから知らされるのであります。



テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

サンドウィッチ
moemoと弟のkouに豆知識クイズを出した。

このサンドウィッチを世界で初めて作った人は何て人でしょうかっ

「え~知らな~い!」

じゃあヒント!(サンドウィッチを指差して→)これ、何?」

「サンドウィッチ!!」

じゃあ!これ作った人の名前は?」

同時に
「Hさん!!!」(←朝サンドウィッチを作ったパパの名前
「わかったサンドウィッチさんだ!!!」

本当にmoemoにはなごみます

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

さくらのMちゃん。
さくら組には、Mちゃんという1年生の女の子が入った。
Mちゃんは、いっつもふわふわしていて、本当に天使のような女の子だ。
彼女の入学によってさくら組が出来たし、
moemoにとっては、一緒に勉強をする仲間なので、
とっても重要な存在なのです。

先生のノートから。。。

Mちゃんは、なかなか頑固に「ごめんなさい」を言うのが難しくって、
moemoさんが「Mちゃん、ごめんなさい。だよ。ごめんなさい。って言って」
とお手本のように言ってました。
Mちゃんがそれらしい言葉を言うと、
「Mちゃん、言えたね。ごめんなさい、言えたね。」とほめてあげました。

この二人に、涙が出てきます。
金魚の苦悩
moemoのさくら学級で去年から飼っている2匹の金魚の悲劇。

去年からmoemoはトムとジェリーのDVDがいたくお気に入りで
そこのワンシーンにトムが魚をムニエルみたいにして食べようとする
シーンがあるようで(moemoの弟が教えてくれた)

さくらの先生がmoemoの最近困ったことブームとして
金魚の水槽に手を入れて「魚のフライ~」って魚を捕まえようとすることを
話してくれていました。

そして・・とうとう今日は・・
「金魚を布の袋に入れて棚にしまった」所を同級生たちが
発見したらしいのです

さくらの先生はあまり騒ぐと返ってやってしまうのではと危惧して
静かに注意をしていたらしいのですが、
同級生たちがびっくりして「そういうことはしないんだよ。」と
注意をされたためか、
moemoは外へ出て行ってしまったそうで。

さくらの先生はとりあえず、金魚を避難させました。無難

パパは・・
「俺たちが1匹だけに終わらせず、(死んでも死んでも)
 次々ハムスターを飼わせてしまったから(命の大切さが分からず)
 いけなかったのかな~」
と・・自分を責めている様子。

私はそこで命の大切さを教えることももちろん大事だけど、
死ぬってわかってるのに
そうせずにはいられないmoemoの気持ちがまず知りたいと思うのです。

だって、仮説だけど単純に急に見たくなくなってしまっただけだとすれば、
袋に入れて棚にしまうとかではなくって
先生に言って金魚をどこかにやってもらえればいいだけで・・

moemoはその単純なことが
伝えられない可能性も充分に考えられ・・

だとすれば、命の大切さを説くより先に
先生に言おうよ。そういう時は。って教えてあげないと
いけないと思うので。

また、「そういう時」が来た時に
同じことをやってしまいそうで・・。




テーマ:特別支援学校教育 - ジャンル:学校・教育

今更ながら・・特別支援学級の必要
ずっとブログを更新していなかったので・・
特別支援学級について初めて書きます。

去年までmoemoは加配の先生がひとりで見ていてくださったのですが、
今年は1年生に支援教育が必要な子が入学したので
やっと学級ができたのです。もちろん先生も新しく。

去年までの先生は普通に音楽を教えていた先生。
とにかく、いつ見ても心配そうにmoemoを追っかけてた気がする・・
moemoはしょっちゅう「やだ~」を連発していた。

今年は・・moemoが部屋を出ていっても、
「こうして待っていれば帰ってきてくれるようになって欲しくて・・」
と、先生はじっと部屋で待っていて、
帰ってくれば、絶賛!moemoを褒めまくり、
帰ってこなくても5分ぐらいしてから、図書館へ行く。(だいたいそこだから。)
勉強、宿題も「いや~や~らないっ」と言わなくなった。

代わりに・・。「moemoは○○が得意だね~」と時々自信をのぞかせている。

昨年の先生を責めているのではないけれど、
どうして、、moemoは1年生の入学時に既に必要だった教育を
受けることができなかったのだろう・・と今更ながらにして思うのです。

moemoと一緒に学んでいる1年生のaoちゃんが、うらやましい限りです。
moemoもすっかりaoちゃんのお姉さん気取りです。
オカマとオナベ
moemoは最近オカマとオナベの言葉の意味を
ママから教えてもらった。
どうしてその話になったかはよく覚えていないのだが・・・

「オカマというのは男の人が女っぽくなること。
 そして、オナベというのは女の人が男っぽくなること。」

と教えたと思う。

そこから数日が過ぎ、
私が「そんなことあるわけねーだろっ」と息子と話していると

moemo、「ママをお鍋で煮ちゃうわよ~~

だって!!

使用方法が笑えます


ジュニアスキー
1263907864-SH3B02280002.jpg
moemoは今年もジュニアレーシングチームに入って
スキー頑張っています?
寒い日はヒーヒー?言って帰っちゃう事もありますが
今のところ頑張って出た日は
“私ジュニアスキー最後まで頑張った?”って
褒めて欲しいかのごとく得意げです?
ハエが止まるんじゃないかくらいの
トロトロ運転ですが?
みんなには温かく見守っていただいております?
ハムスターの死
飼っていたハムスターのチャイが亡くなった
昨日まで本当に元気で、動いていたのに。

それまでにも先代のハムスターを何匹か飼っていたが、
moemoがよく触って
背中からわしづかみにしてしまったり、
虫かごに入れてしまったり、
ストレスから死んじゃうからだめだよって言い聞かせて

今回は触るのをよく我慢していた。
私も、丈夫で人によく慣れているハムスターを選んだつもりだった。

moemoもチャイに関してはよく世話をし、
ゲージの掃除もmoemoから言い出して一緒にやったりしていた。

チャイは箱に入れてお墓に埋めた。

次の日の朝、部屋のクローゼットの鏡に何か書いてあるのに
焦点が合った。
チャイありがとう
“チャイ ありがとう”
ってお風呂用のクレヨンで鏡にメッセージが。
ここまで読んで下さって
ありがとうございます。↓よろしければクリックお願いします。



テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児



プロフィール

 ricco

Author: ricco
動物大好き、高いところ大好き、自然大好きのmoemoは3歳の時に広汎性発達障害(自閉症)と診断されました。自営のワーキングマザー私ことriccoもそこから障害のこと、地域のこと、教育のこと、人生観のこと、さまざまに学んでいます。moemoの成長記録になればと書き綴ってみました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。